【天皇賞・春】(11)ラストインパクト“らしさ”出た

[ 2014年5月4日 05:30 ]

 これぞマツパク流。ラストインパクトは坂路でしまい伸ばして(4F61秒7~13秒0)最終調整を終えた。「いい感じ。腹回りが締まって、男馬らしさが出てきた」と松田博師は笑み。前走は内で窮屈な競馬になり3着。「今回は、とにかくしっかり走ってほしい」とスムーズな競馬を願った。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2014年5月4日のニュース