【天皇賞・春】(6)ホッコーブレーヴ手応え十分

[ 2014年5月4日 05:30 ]

 金曜輸送で京都入りしたホッコーブレーヴ。土曜朝は厩舎周りの引き運動で体をほぐした。ややテンションが高めだが「いつもこんな感じ。レースが近づいて少しスイッチが入っている」と国原調教厩務員。「状態は言うことない。前走は追い込んだが、好位の競馬もできる馬。この枠(6番)で田辺君がどんな競馬をしてくれるか楽しみ」と手応え十分に話した。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2014年5月4日のニュース