橋下徹氏「政治家はみんなテレビのコメント気にしてる」現役時代は…「全部録画して夜中に見ていた」

[ 2020年9月26日 22:51 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が26日、ABEMA「NewsBAR橋下」(土曜後9・00)に出演、フリーアナウンサーの古舘伊知郎(65)とメディアについて議論する場面があった。

 橋下氏は「『報道ステーション』とかになると(政治家の)悪い部分ばかりフィーチャーして批判するじゃないですか」と古舘に疑問を投げかけ、また「あえていろんな番組で、他番組のことをよく言うんですよ。それはメディアどうしが切磋琢磨(せっさたくま)してほしいという思いもあって」と語る。

 橋下氏は「政治家ってテレビのコメント気にしてるんですよ。みんな気にしてます。僕なんかもう自分のこと言われたやつは全部DVDに録画して、夜中に全部見てたんですよ。記者会見の時とかに『あの時はこんなこと言ってたけど、これはこうなんだ!』って全部反応して」と驚きの告白。「テレビメディアって重要な役割を果たしているから見るんですよ。メディアの方がしっかり政治を進むべき道を示してくれたらいいんです。だから批判ばかり言われたら『ふざけんなよ!』って」と本音をもらした。

 これを受けて、古舘は「でも橋下徹の心にマッチで火をつける役割はあると思うんですよ。刺激しないと『政治はどうなっていっちゃうの?』っていう思いがね。意図的に火をつけたところはちょっとありますね」と番組でのスタンスを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月26日のニュース