志村園長 最後まで優しく温かく 26日最終回「志村どうぶつ園」2月撮影の未公開シーン放送

[ 2020年9月26日 05:30 ]

26日最終回を迎える「天才!志村どうぶつ園」で志村けんさんの最後のロケ映像が流される
Photo By 提供写真

 今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎のため死去した志村けんさん(享年70)が総合司会を務めた日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」(土曜後7・00)が26日に最終回を迎え、生前の未公開シーンが放送される。

 今年2月末に撮影されたもので、志村さんがチンパンジーの「プリンちゃん」に自転車の乗り方を教える様子が収められている。プリンちゃんの父親で、かつての相棒だった「パンくん」にも教えた自転車。プリンちゃんとも一緒に乗りたいと優しく教える姿は、長年動物に親しんできた志村さんらしい映像となっている。これが最後のロケとなった。

 パンくんやプリンちゃんとの交流は番組の人気企画だった。パンくんは志村さんを見つけると、遠くから駆け寄って抱きつき、ロケが終わってもなかなか離れようとしなかった。志村さんはプリンちゃんともコンビを組んで“孫”のように溺愛した。

 番組は2004年4月にスタートし、最終回が577回目の放送となる。ブサカワ犬「わさお」など多くの名物コーナーを生み出し、訃報を受けた今年4月4日の放送では世帯視聴率27・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 最終回では、長年共演してきた嵐の相葉雅紀(37)らレギュラー出演者が、時に園長に語りかけるようにしながら、志村さんも一緒にスタジオにいるような雰囲気で名場面を振り返る。相葉は「最後の収録は、みんなで一緒に園長のことをたくさん思い出し、たくさん笑いました」としのんだ。

 10月3日からは、相葉が司会の「I LOVE みんなのどうぶつ園」がスタート。全国の動物に会いに行く相葉は「志村園長から教わったことや、その思いを胸に、全力で動物たちと接していきたい」と抱負。「個人的な目標として、これまで学んできた“トリミング”や知識をさらに向上したい」とも語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月26日のニュース