ヒロシ “キャンプ界のカリスマ”として日々充実「ちょっと明るくなったでしょう?」

[ 2020年9月26日 14:33 ]

ヒロシ
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのヒロシ(48)が26日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。キャンプを始めたことによる、自身の変化について語った。

 「ヒロシです…」で始まる“自虐ネタ”でのブレイクから十数年。今ではソロキャンプの一人者であり、自身のソロキャンプ動画の登録者数は96万人超え、キャンプ本は趣味実用部門で1位を獲得した。

 「自分1番ビックリしていて。そもそも(キャンプは)遊びでやっていたものなので、こんなにヒットするなんて思ってなかったです」とヒロシ。「動画を撮るようになったのは思い出づくりです。自分の思い出VTRをユーチューブにアップして、共有しようよっていうつもりだったんですけど。地方仕事に行くと『見ています』と言われるようになって。そこから登録者が増えていきました」と、経緯を説明した。

 毎月、キャンプ関連でそれなりの収入が入ってくるという。「僕としては、結構もらえていると思っていますね。動画の広告収入だけじゃなくて、キャンプイベントとかキャンプトークショーとかにも呼ばれるようになったので。だからもう職種が変わりましたよね」とヒロシ。

 自身の性格にも変化が見られるようになったと分析。「ちょっと明るくなったでしょう?充実しているのかな。自分の好きなこと、趣味をただ話しているだけなのに、喜んでくれている人がいる。それが仕事になるっていうのが」と、時おり笑いを交えながら話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月26日のニュース