フジ遠藤社長「真摯に対応」も「やらせはなかった」再度強調 「テラハ」木村花さん問題言及

[ 2020年9月26日 05:30 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 フジテレビの遠藤龍之介社長が25日、都内で定例会見を行い、リアリティー番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラー木村花さん(享年22)が視聴者から誹謗(ひぼう)中傷を受けた後に死去した問題について言及した。

 7月30日に制作過程に関する検証結果を報告し、遠藤社長は「0から1をつくるようなやらせはなかった」と改めて強調。番組が15日付で放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会の審理入りとなったことについて「真摯(しんし)に対応したい」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月26日のニュース