三村マサカズ ビデオテープには思い出いっぱい「段ボールに入れてずっと取ってある」

[ 2020年9月26日 19:45 ]

「さまぁ~ず」の三村マサカズ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(53)が26日、自身がパーソナリティーを務める「さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!」(土曜後5・10)に出演し、家庭用ビデオテープレコーダーの映像記録方式、VHSについて語る一幕があった。

 ビデオ全盛期の、いわゆる“アナログ世代”である三村は、親子ほどの年の離れた共演の小島瑠璃子(26)に「VHSは持ってる?テープは段ボールに入れて取っている?」と質問。

 ビデオ関係は全て捨てて、一切持っていない小島とは対照的に、三村は今もたくさん持っているという。「(芸人になって)自分が出ていたやつが、VHSでいっぱいあって。前にDVDに焼くのがはやったけど、その作業が面倒くさいから結局、引っ越す先、引っ越す先で、VHSテープが入った段ボールだけ開けずに、ずっと取っておいてある」と、手つかず状態であることを明かした。

 小島から、DVDにダビングすることを促されるものの、三村は「いや。そこまでする気力はないのよ」とやんわり否定。「でも再生する機械、ビデオデッキもずっと新品で取っておいてあるから、いつでも見られる状態ではあるの」と打ち明けた。

 国内向けのVHSビデオデッキは2016年に生産終了し、VHSは国内市場から完全に消え去ったなか、希少価値の高い物を持っている三村。「ただVHSは見ないよ~。いつ見るの本当に。巻き戻したりさ…面倒くさいよ」と笑いながら話し、手つかずの状態が続くことをほのめかしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月26日のニュース