SKE白井友紀乃 失声症を公表、2公演休演に「残念な思いをさせてしまってごめんなさい」

[ 2020年9月26日 15:37 ]

 SKE48白井友紀乃(19)が25日、自身のインスタグラムの「ストーリーズ」を更新し、失声症の治療中であることを公表した。

 白井は10月3日から始まる12周年イベントで、出演予定だった「PARTYがはじまるよ」、「ラムネの飲み方」公演を休演することが発表されていた。「みんなに残念な思いをさせてしまってごめんなさい。実は、今、一時的に声が出なくなる、失声症という症状を発症しています」と打ち明けた。

 失声症は声帯がうまく振動させられなくなり、声が出なくなるもので、「たくさん話し合って、Partyがはじまるよ、ラムネの飲み方公演を交代していただくことになりました」と無念をつづった。代役を務める倉島杏実、荒井優希には「あみさんとゆきさんにはたくさんの負担をかけてしまってほんとに申し訳ないです。ですが、お2人ともわたしの体調を心配してくださって、快く引き受けてくださいました」と、謝罪と感謝を記した。

 白井は2018年加入の9期生。昨年10月には、48グループの歌自慢メンバーが集う「AKB48グループ歌唱力No・1決定戦」の決勝大会に出場した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月26日のニュース