ジャルジャル、悲願のKOC王者!福徳は涙、後藤は「本当にやっと…」

[ 2020年9月26日 22:38 ]

ジャルジャルの福徳秀介(右)と後藤淳平
Photo By 提供写真

 コント日本一決定戦「キングオブコント2020」決勝が26日、TBSの8時間特番「お笑いの日2020」のフィナーレとして放送され、13回連続出場の「ジャルジャル」が13代目王者に輝いた。

 4度目の決勝舞台でついに頂点にたどり着いた「ジャルジャル」。1stステージをトップ通過し、迎えたファイナルステージ。得点が発表され優勝が決まると、後藤淳平(36)はホッとしたような表情を浮かべ、福徳秀介(36)は目を潤ませた。

 福徳が番組MCのダウンタウン浜田雅功(57)から「泣くなよ!」と突っ込まれる中、後藤は「第1回から挑戦して本当にやっと、という感じで。最高です」と喜びのコメント。

 審査員を務めたバナナマンの設楽統(47)は「なかなか今年はお客さんの前でコントができなかったんで、ここに調整するのは難しかった大会だと思うんですけど、やっぱり、数をやってるからジャルジャルは。そういうところが最後、勝った原因じゃないかな」と総評。同じくさまぁ~ずの大竹一樹(52)は「福徳が泣くと思わなかったんで僕も少し泣いてます。お笑いって、いいなって思いましたね」と語った。

 審査委員長のダウンタウン松本人志(57)は「例年に比べて今日はお客さんも少ないし、決していい状態じゃなかったかもしれないですけど、みんな本当に集中してよく頑張ってくれた。ジャルジャルはとっくに優勝しててもおかしくない実力のあるコンビですから」と称えていた。

▼1stステージ得点
「ジャルジャル」477点
「ニューヨーク」461点
「空気階段」458点
――以上、ファイナルステージ進出――
「ザ・ギース」457点
「ジャングルポケット」454点
「ニッポンの社長」454点
「ロングコートダディ」446点
「滝音」445点
「GAG」445点
「うるとらブギーズ」440点

▼ファイナルステージ得点、結果
(1)「ジャルジャル」464点=合計941点
(2)「ニューヨーク」463点=合計924点
(3)「空気階段」463点=921点

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月26日のニュース