SKEが劇場での活動再開 鎌田菜月「笑顔をくれるメンバーに感謝」NMBも生誕祭開催

[ 2020年6月9日 12:01 ]

SKE48劇場から生配信イベントを行ったSKE48。左から青木詩織、鎌田菜月、北川愛乃、荒野姫楓、高畑結希
Photo By 提供写真

 SKE48が8日、名古屋市のSKE48劇場で、専用劇場での活動を再開した。「#おうちでSKE48生配信」と題した配信限定イベントを行ったもので、この日は青木詩織(24)鎌田菜月(23)北川愛乃(19)高畑結希(24)、研究生の荒野姫楓(18)が出演。「美術部誕生記念!~新入部員さんようこそいらっしゃいスペシャル~」と題し、絵をテーマにした企画を披露した。

 生配信はこれまで、メンバーが自宅などからリモートで行ってきたが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が解除されたことを受け、この日から劇場で無観客での配信がスタートした。独特の絵のタッチから「画伯」の異名を持つ北川を部長に、メンバーを美術部に勧誘するという内容。5人はソーシャルディスタンスを保ちながらも、イベントを楽しんだ。

 グループの劇場公演での活動は、2月25日のチームE公演以来、約3カ月半ぶりとなった。鎌田菜月は終演後、ツイッターで「久しぶりに劇場からお送りしました!いつも笑顔をくれるメンバーに感謝です」とコメント。無観客ではあったが、「モニターいっぱいに映るコメントにファンの皆んなを近くに感じられました」と、ファンへの感謝をつづった。

 この日はNMB48も大阪・難波のNMB48劇場で、無観客によるイベント「山本望叶オンライン生誕祭」を無観客で開催した。48グループが各地で、通常公演再開への1歩を踏み出した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月9日のニュース