イモトアヤコ、交際0日の逆プロポーズと明かす 「仕事上の関係が崩れてしまうかも」苦悩も告白

[ 2019年11月24日 23:15 ]

タレントのイモトアヤコ
Photo By スポニチ

 日本テレビの人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)が24日、2007年の番組開始以来初の緊急生放送を行い、レギュラーのイモトアヤコ(33)が結婚を発表した。お相手は41歳の番組ディレクター石崎史郎氏で、交際0日のイモトからの逆プロポーズだったと明かした。

 石崎氏は番組の名物ディレクターで、人気企画「イッテQ登山部」ではイモトとともに世界中の名峰にアタックした“盟友”。ロケ中にはお互いをののしり合ったり、冗談を言って励まし合ったりと、2人のやり取りは視聴者にも「夫婦漫才みたい」「掛け合いが面白い」と好評だった。

 イモトはこれまで石崎Dのことを、気になる男性として見ることは「まったくなかった」が、17年12月に南極大陸最高峰のヴィンソン・マシフ挑戦時に心境の変化があったという。石崎Dは高山病の症状で登頂を断念。イモトは「石崎Dと離れてから自分が凄く不安になったことにびっくりした。私はこの人に凄く支えられているんじゃないかと、あの瞬間に気づいた」と語った。

 「気持ちを伝えるべきか、伝えないべきか、南極から帰ってきて凄く悩みました。同じ番組をしていて、仕事上の関係があります。自分が気持を伝えることによって、これまでの関係が崩れてしまうかもしれないですし。OKでもフラれたとしても、番組含めてご迷惑を掛けるんじゃないかと考えました」と苦悩を告白。

 内村が「でも、言わないほど気持ちが強くなっていったんですね」と問い掛けると、「そうなんです!気持ちを伝えようと思いました」と告白を決意したという。

 その後、イモトは近所の焼肉店に食事に誘い「私は石崎さんのことが大好きです。結婚したいと思います」と手紙を読み上げ、交際0日で逆プロポーズ。見事に成功したイモトは「勇気を出してよかったと今は思います」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月24日のニュース