さんま 宮迫の舞台復帰報道を否定「まだ早い」ラジオで言及

[ 2019年11月24日 05:30 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレント明石家さんま(64)が23日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(関西ローカル、土曜後10・00)で「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)について言及した。吉本興業との契約解消問題から、自身の個人事務所で受け入れを表明。一部で宮迫が来年1月10日に開幕するさんま主演の舞台「七転抜刀!戸塚宿」で芸能活動に復帰すると伝えられたが「復帰しません」と否定した。

 さんまは21日夜、都内のホテルで宮迫の“激励会”を開催し、テレビ、ラジオ局の幹部ら約100人が参加。会についても触れ、宮迫が感動で号泣したことなどを明かした。宮迫の復帰については「(同舞台で)出したい、という感じだったんですけど“まだ(復帰は)早い”というのも分かった。俺の手の掛からんところで復帰させます」と話した。

 舞台では、さんまがため息をつくシーンで宮迫がさらに大きいため息で通行するという設定だったという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年11月24日のニュース