松本人志「やらせのない審査を」「クレイジーなネタを」キングオブコント審査員長 相次ぐ“やらせ”イジる

[ 2019年9月21日 19:10 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 コント師日本一決定戦「キングオブコント2019」決勝が21日夜、東京・赤坂のTBSで開かれ、生放送の冒頭、審査員長を務めるダウンタウン・松本人志(56)が「クレイジーなネタを」「やらせのない審査をね」と自身がMCを務める同局「クレイジージャーニー」(水曜後11・56)など相次ぐ“やらせ騒動”をイジり、笑いを誘った。

 同じく審査員のバナナマン・設楽統(46)が、ともにMCを務める「消えた天才」(日曜後8・00)「クレイジージャーニー」と、同局の番組で“やらせ演出”が連続して発覚したばかり。

 冒頭の審査員紹介で、松本は「今年は本当にクレイジーなネタを…あっ、クレイジーって言うてもうた」「やらせのない審査をね。あっ、やらせって言うてもうた。いろいろありますから、頑張りますよ」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月21日のニュース