「キン肉マン」40周年に感慨…ゆでたまご中井氏「相棒がいなければここまで…」

[ 2019年9月21日 18:57 ]

「キン肉マン」の連載40周年を記念し、トークショーを行った作者「ゆでたまご」の(左から)中井義則氏、嶋田隆司氏
Photo By スポニチ

 人気漫画「キン肉マン」の作者「ゆでたまご」の2人が21日、大阪・あべのハルカスで連載40周年を記念したトークショーを行った。

 原作者の嶋田隆司氏(58)と作画の中井義則氏(58)は大阪市内にある小学校からの同級生。24日まで、同所で「キン肉マン 友情の40周年展」が開催されており、中井氏は「相棒がいなければ、ここまで続けることはできなかった」と感慨深げに語り「初期のころの原画からいかに進化しているか見てほしい」とアピールした。嶋田氏も「まずは50周年を目指して頑張りたい」と話し「数年の間に新しいアニメを完成させたい」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月21日のニュース