AKB柏木由紀 雨女返上!?曇り空の下で新曲イベント「晴れ女(仮)くらいで」

[ 2019年9月21日 16:42 ]

シングル発売イベントで笑顔を見せるAKB48柏木由紀
Photo By スポニチ

 AKB48が21日、東京・台場のダイバーシティ東京プラザで、最新シングル「サステナブル」発売記念イベントを行った。

 今作で初センターを務める矢作萌夏(17)を筆頭に、柏木由紀(28)向井地美音(21)横山由依(26)岡田奈々(21)村山彩希(22)が出演。ミニライブでは表題曲のほか、「フライングゲット」や「大声ダイヤモンド」など人気シングル曲など6曲を披露し、2000人のファンを喜ばせた。

 この日は曇り空で、48グループきっての雨女で知られる柏木は「雨が降ったら(ライブ後の)ハイタッチ会でたくさん文句を言われるので…」と胸をなで下ろしていた。「雨女は返上か」と問われると、「晴れ女(仮)くらいで」と笑った。

 一方で柏木には「自動車の運転が怖い」という新たな疑惑が浮上した。「サステナブル」のミュージックビデオ撮影で、メンバーを乗せて運転している場面があるが、同乗したNMB48白間美瑠(21)がSHOWROOM配信で「(周囲の)田んぼに落ちそうだった」と語っていたという。柏木は「4年前に免許を取ってから1度も運転していなくて、ブレーキとアクセルを確認するところから確認しました」とペーパードライバーだったことを認め、「1本道だったんですけど、方向転換とかは(スタッフに)任せました」と明かした。さらに「これからしばらくは運転しません」と宣言したが、岡田からは「運転しないと上達しないですよ」と突っ込まれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月21日のニュース