平原綾香 国歌独唱「武者震いするほど感動」5万人の大観衆が拍手

[ 2019年9月21日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 ( 2019年9月20日 )

開会式で国歌を独唱する平原綾香
Photo By スポニチ

 ロシアとの開幕戦では歌手の平原綾香(35)が日本国歌を独唱。航空自衛隊音楽隊が吹き込んだ音源をバックに荘厳に響き渡った歌声に、約5万人の大観衆から大きな拍手が鳴った。

 試合後、スポニチ本紙の取材に「スタジアムの芝生に踏み入れた瞬間、武者震いするほど感動しました。国歌を歌いながら泣いている選手もいたと聞きこの大会に懸ける選手たちの思いに少しでも力になれるよう歌えたとしたらうれしいです」と興奮冷めやらぬ様子。日本代表の勝利にも「生で観戦すると大迫力のプレーの連続で、みんな凄くカッコよかった」とラグビーにさらに魅了されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月21日のニュース