メンバーの青山が右肩ケガの「ネルソンズ」キングオブコント決勝進出!小道具のバットは左手も「元気」

[ 2019年9月21日 19:16 ]

「ネルソンズ」の青山フォール勝ち
Photo By スポニチ

 コント師日本一決定戦「キングオブコント2019」決勝が21日夜、東京・赤坂のTBSで開かれ、ファイナリスト10組は生放送で順次発表。メンバーの青山フォール勝ち(33)が今月15日の番組収録中に右肩甲骨関節窩(か)骨折など全治8週間のケガを負ったお笑いトリオ「ネルソンズ」が名前を連ねた。

 ネルソンズは決勝進出者10組中2番目にネタを披露。青山は小道具のバットを左手で持っていた。ネタを終えて採点を待つ際にはMCの浜田雅功(56)が青山の右腕を“攻撃”しようとして、スタジオが笑いに包まれる場面も。青山は「すごく元気です!」とアピールし、審査員のバナナマン・設楽統(46)は「ネルソンズが元気にコントをやってくれていることがうれしい」とコメントしていた。

 青山はケガ翌日の16日から仕事復帰していたが、所属事務所の関係者は「『キングオブコント』でも決勝進出の可能性があり、青山本人は休んでいる場合ではないと思っているのでは」と話していた。

 青山がケガを負ったのはTBSのバラエティー番組「笑いが無理なら体張れ」(26日深夜0・01)。同局によると、ローションを塗ったターンテーブルからジャンプし、上部につるされた賞金をつかむ企画で、着地時に腕をひねったという。同局は「安全面には注意を払っていたが、大変申し訳なく思っている。安全管理をさらに徹底する」と謝罪した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月21日のニュース