バナナマン設楽統 “やらせ”演出を謝罪「今回を機にもっと気をつけて」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

前澤友作氏が貸し出した作品の隣で笑顔を見せる設楽統
Photo By スポニチ

 「バナナマン」の設楽統(46)が20日、都内で行われた「バスキア展」のトークショーに出席した。イベント後に取材に応じ、レギュラー出演しているTBS「消えた天才」「クレイジージャーニー」で“やらせ”演出が発覚した問題について言及。「視聴者の人に申し訳ありません。(発覚が)立て続けになってしまい、今回を機にもっと気をつけて番組を作っていかなければと思いました」と心境を明かした。

 イベントではバスキア愛も披露。ZOZO前社長の前澤友作氏(43)が123億円で購入した作品を前に「象徴的な色使い。圧倒される」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月21日のニュース