屋良朝幸「THE CIRCUS!」さらなるシリーズ化希望…目指せ「SHOCK」!?

[ 2019年9月21日 18:09 ]

オリジナルミュージカル「THE CIRCUS!-エピソードFINAL-」の出演陣ら。前列左から、TETSUHARU、植木豪、屋良朝幸、壮一帆。後列左から寺西拓人、越岡裕貴、矢田悠祐、青柳塁斗
Photo By スポニチ

 俳優の屋良朝幸(36)が21日夕、東京・初台の新国立劇場で主演ミュージカル「THE CIRCUS!-エピソードFINAL-」の開演前に取材会に臨んだ。

 Musical Academyのメンバーとして、ジャニーズ事務所勢の舞台作品などでキャリアを積んできた屋良にとっては本領発揮の場。過去3シリーズと比べて、「今までのエピソードの中でも今回が一番踊っていて、ダンス的にはぜいたくな時間を過ごせています」と充実の表情。「初めて見に来られた方でもパフォーマンスだけでも圧倒されるものを、見せられると思っています」と自信をみなぎらせた。

 「THE CIRCUS!」シリーズはアメリカンコミックから飛び出したようなダンスエンターテインメントで2016年に誕生。スピード感のあるストーリーでも支持を集め、4年連続で新作を上演。今回は集大成と位置づけている。

 ストリートサーカス団を装いながら、実は米大統領直属の極秘機関。悪の秘密結社の謀略阻止に立ち向かいうサーカス団の花形パフォーマーを屋良が演じる。

 元宝塚歌劇団雪組トップの壮一帆(44)が初参加。女性役を演じており、「屋良君が格好良くて毎日ときめいています。歌もダンスも凄くハートがあって。毎日キュンキュンさせてもらっています」とぞっこん。屋良は照れくさそうに「いやいや壮さんは誰よりも男前」と返した。

 前夜の20日は、ラグビーW杯の日本-ロシア戦を共演者たちとテレビ観戦。「ラグビーって、こんなに盛り上がってるんだと思いました。もっと、より深く見てみようと思いましたね」と日本の快勝に酔いしれた様子だ。

 上演はあす22日で「エピソード0」から通算100公演目を迎える。集大成とはいえ、屋良は「FINAL2が来年あるんじゃないかな」とさらなるシリーズ化を望んでおり、スタッフのアイデアも「エピソード20くらいみたい」と明かした。また、事務所の先輩でKinKi Kidsの堂本光一(40)が主演で通算1700公演を達成した作品を引用して「『Endless SHOCK』と比べたらまだまだ。(あそこまで行くためには)ファイナル14ぐらいまでやらないと」と苦笑した。

 29日まで同劇場で上演後、10月2日には、やまと芸術文化ホールで神奈川公演を予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月21日のニュース