「まんぷく」安藤サクラが「なつぞら」劇中アニメで声の出演!朝ドラヒロイン異例の連続参加

[ 2019年9月10日 14:33 ]

今年3月の朝ドラバトンタッチセレモニー。「まんぷく」のヒロインを演じた女優の安藤サクラ(右)と「なつぞら」ヒロインの広瀬すず
Photo By スポニチ

 昨年後期のNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインを務めた女優の安藤サクラ(33)が、放送中の「なつぞら」(月~土曜前8・00)に劇中アニメーションで声の出演をすることが10日、分かった。今月13~14日に登場する。安藤の公式ツイッターなどで発表された。朝ドラヒロインが次の作品に連続“出演”するのは異例。「なつぞら」に参加した歴代朝ドラヒロインは13人目となる。

 「9/13、14放送 連続テレビ小説『なつぞら』第143、144回 劇中アニメーションの声で出演します」と告知。安藤は今年3月に行われた朝ドラヒロインのバトンタッチセレモニーで「私も通行人でいいので、出たい」と“直訴”。“念願”が叶った。

 女優の広瀬すず(21)がヒロインを務める節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(52)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

 バトンタッチセレモニーの際、広瀬も「『なつぞら』には歴代朝ドラヒロインの方々が出てくださるので、是非!」と歓迎。主人公たちが現在、制作している劇中アニメは十勝を舞台にした「大草原の少女ソラ」。安藤が何の声を演じるのか、注目される。

 また、安藤は「『なつぞら』のセットのどこか片隅に“まんぷくヌードル”を置いてほしい」と申し出ていたが、これも今月7日放送の第138話で実現。過去99作へのリスペクトとして「なつぞら」には、これまで歴代朝ドラヒロインが12人集結していた。「まんぷく」との“コラボ”も、この一環。

 放送前に出演が発表された松嶋菜々子(45)は96年前期第54作「ひまわり」、小林綾子(46)は「おしん」、山口智子(54)は88年後期第41作「純ちゃんの応援歌」、比嘉愛未(33)は07年前期第76作「どんど晴れ」、貫地谷しほり(33)は07年後期第77作「ちりとてちん」のヒロイン。

 4月2日に放送された第2話に61年の朝ドラ第1作「娘と私」のヒロイン・北林早苗(75)、4月5日に放送された第5話に96年後期第55作「ふたりっ子」のヒロイン・岩崎ひろみ(42)、7月5日に放送された第83話に81年後期第28作「本日も晴天なり」のヒロイン・原日出子(59)、8月8日に放送された第112話に08年後期第79作「だんだん」のヒロイン・三倉茉奈(33)、8月10日に放送された第114話に74年4月から1年間放送された第14作「鳩子の海」のヒロインを務めた藤田三保子(66)、8月21日に放送された第123話に83年4月から1年間放送された第31作「おしん」のヒロインを務めた田中裕子(64)と04年前期第70作「天花」のヒロインを務めた藤澤恵麻(36)が登場した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月10日のニュース