りんごちゃん 天使の羽根つけ「モチ肌」対決、「ら・ら・ら」のモノマネに 羽野晶紀びっくり

[ 2019年9月10日 14:52 ]

コラーゲン商品「天使のララ」リニューアル記念イベントに出席した(左から)内田幸男エミネット代表取締役社長、羽野晶紀、りんごちゃん、平井伸治鳥取県知事
Photo By スポニチ

 ものまねタレントのりんごちゃん(年齢非公表)が10日、都内で行われたコラーゲン商品「天使のララ」のリニューアル記念イベントに登場。タレントの羽野晶紀(51)との「モチ肌対決」に挑んだ。

 “飲むコラーゲン”として知られる「天使のララ」は、2000年の販売開始以来、これまでに累計1億9000万袋の販売数を誇る。このほど機能性表示食品の届出登録をきっかけに、リニューアル販売がスタートした。豊富な漁獲量を誇り、同商品誕生のきっかけでもある鳥取県の平井伸治知事(57)も応援にかけつけ、盛大にリニューアルを祝った。

 同商品のイメージキャラクターを務める羽野と「1週間『天使のララ』を試した」という、りんごちゃんの「モチ肌対決」が行われると、会場全体がその行方に大注目。家族に「“永遠の28歳”ということにしてる」という羽野は、りんごちゃんに対して「実年齢差20歳ほどあるんだから、私、ハンデが欲しいわ」と、おねだりしつつ慎重に肌水分量を計測した。結果、「水分量44%」で羽野が勝利。「水分量42%」と僅差で敗れたりんごちゃんが、商品名「天使のララ」にかけて大黒摩季の「ら・ら・ら」を歌うと、羽野は体を折り曲げながら、りんごちゃんを見つめてその迫力ある歌声に酔いしれていた。

 最後まで悔しげなりんごちゃんが平井知事に「芸名の由来は、青森出身だから。戸籍を変えないと、いけないですかね?」と聞くと、平井知事は「じゃあ、鳥取に移住したら。(鳥で)せっかく羽根も生えてるんだし」とダジャレで返して、会場を沸かせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月10日のニュース