オリラジ藤森 「最初は嫌いだった」という小栗旬と親友になった交友術とは…

[ 2019年9月10日 20:27 ]

「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾
Photo By スポニチ

 俳優の小栗旬(36)が10日放送の日本テレビ「火曜サプライズ」(火曜後7・00)に出演。お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(36)との交友エピソードについて語った。

 お互いに「旬くん」「慎ちゃん」と呼び合うほど仲のいい二人。藤森は「週2で旬くんの家に遊びに行っている。ゴルフに行くこともあるし、本当に親友です」と満面の笑み。対して小栗は「こちらとしては頻繁に連絡してくるので結構迷惑です」とバッサリ。「そもそも最初は嫌いだった。チャラ男の印象があり面倒くさそうと思った」と振り返る。そんなイメージを覆したのは藤森の“ある行動”だった。

 「たまたま連絡先を交換する機会があった」と小栗。「LINEで変なスタンプを送ると、毎回丁寧に面白くツッコんでくれるんです。スゴいなこの人と思って」。実際に藤森と話すと「イメージと違って真面目で常識人。おまけに芝居もできる」とべた褒め。藤森は「同い年ということもあって本当に仲良くなりたかった。ガツガツいって成功だった」と思い返した。

 藤森は「そして奥さんのご飯がめちゃくちゃうまい。最近それだけ食べに家に行くこともあるもんね」と話すと、相方の中田敦彦(36)に「そこまでいくともう仲良しめのストーカーじゃん」とツッコまれて苦笑していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月10日のニュース