高須院長、マツコに突撃のN国・立花氏は「不快」「マツコさんと崎陽軒さんを守ります」

[ 2019年8月15日 19:28 ]

高須クリニックの高須克弥院長
Photo By スポニチ

 高須クリニック院長の高須克弥氏(74)が15日、自身のツイッターを更新。NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、タレントのマツコ・デラックス(46)に「侮辱された」として抗議を続ける騒動を批判した。

 マツコは7月29日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」でN国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて入れた人も相当いると思う」「宗教的」と否定的な見方を示した。立花氏はその後、マツコに「侮辱された」として、生放送が行われている同局に押しかけるなど抗議。同番組内での反論の機会を求めており、「局側から説明や謝罪があるまでは、来週以降も毎週月曜日の午後5時に行く」と、マツコがレギュラー出演する月曜日の放送時間に合わせて“出待ち”を続けることを予告している。

 高須氏は「アポイントなしのお邪魔はいけません。営業妨害ではありませんか」「不快です」などと投稿。ほかにも「立花孝志先生に申し上げます。僕は日本では言論の自由が認められていると信じております。不快な言論に対する抗議も自由です。しかし営業中の仕事場にアポイントもなく押し掛け妨害する自由までは認められないと存じます。僕がマツコさんの立場なら迷わず警察に通報します。間違っておりますか?」とツイート。

 その後も「マツコさんはN党を支持しない有権者の声なき声を代弁していると思います。僕はマツコさんのコメントを支持します」「静観しません。理不尽な攻撃を受けているマツコさんと崎陽軒さんを守ります。僕は何にも恐くないです」と主張した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月15日のニュース