高嶋ちさ子 いとこ・高嶋政宏と“25年ぶり”再会で不仲説否定「確執どころかめっちゃ仲よかった」

[ 2019年8月15日 22:32 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 バイオリニストの高嶋ちさ子(50)が15日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜後9・00)に出演。いとこの俳優・高嶋政宏(53)との久々の再会に頬を緩めた。

 ちさ子の父・弘之さんと、政宏の父・忠夫さんが兄弟で、実はいとこの関係である二人。「最後に会ったのは25年前。ニューヨークだった」と語るちさ子。現れた政宏に「バーブ!」と言いながら駆け寄った。あだ名の由来は姉が政宏のことをうまく呼べず「バーブ」と言い間違えたことから。それ以来、高嶋家では政宏のことをそう呼ぶようになったそう。

 ちさ子から25年ぶりの再会を告げられると、政宏は「ちがうよ!9年くらい前に広尾商店街で会っている」と反論。ちさ子は「ああ、会ってた!会ってた!」と訂正した。

 久々の再会を喜ぶ二人。ちさ子が「バーブは昔すごく太ってて、お相撲部屋から誘いが来てた」と明かし、政宏も「前の九重親方からね」と答えた。ちさ子が「母が言ってたんだけど、バーブはいつもお腹空いててひどい時は“歯磨き粉”食べてた」と言い、笑わせた。

 一部週刊誌で報じられた不仲説について政宏は「気が付いたら会わなくなってた」と語り、ちさ子は「友達に聞いたけど、いとこ同士でそんなに頻繁に会わない。確執どころかめっちゃ仲よかった」と否定した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月15日のニュース