“おまえはもう踏んでいる” 長野に「北斗の拳」マンホール 9月上旬に設置

[ 2019年8月15日 05:30 ]

佐久市のマンホールに描かれた「北斗の拳」のケンシロウ
Photo By 提供写真

 人気漫画「北斗の拳」のキャラクターをデザインしたマンホールのふたが長野県佐久市のJR佐久平駅前に9月上旬に設置される。原作者の武論尊氏が同市出身だったことで実現。作画の原哲夫氏と版権会社の協力を得てデザイン画の無償提供を受けた。

 「ケンシロウ」ら7人があしらわれたふたが同駅蓼科(たてしな)口の歩道に「北斗七星」をかたどって配置される。マンホールカードの申請準備も進められ、早ければ12月に発行が実現する見通し。佐久市のPRに強力な援軍となりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月15日のニュース