吉本「経営アドバイザリー委員会」、8日に第1回会合

[ 2019年8月3日 05:30 ]

 吉本興業は2日、新たに立ち上げた「経営アドバイザリー委員会」の第1回会合を8日に都内で開催すると発表した。

 同委員会は、座長に政治心理学者で国際医療福祉大教授の川上和久氏(61)を迎え10人ほどで構成。8日の会合では、今回の騒動で最も重要な反社会的勢力の排除に向けた企業体制の強化を中心に、タレントとの書面による契約など、コンプライアンス強化への方策を話し合う。

 関係者によると雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)を除く謹慎中の芸人11人についても「早期復帰に向けた何らかの見解が示される見込み」という。11人は社会貢献活動を始めており、答申の内容を受けて吉本が謹慎解除を即決する可能性も高い。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月3日のニュース