ABC「おは朝」岩本アナ キリマンジャロ登頂挑戦へ「ひたすら不安」

[ 2019年8月3日 18:02 ]

奈良・生駒山で練習登山を行ったABCの岩本計介アナ(左)と気象予報士の正木明氏はキリマンジャロ山頂へ持参する「挑戦」の横断幕を背負う
Photo By スポニチ

 ABCテレビ「おはよう朝日です」MCの岩本計介アナウンサー(43)とお天気キャスターの気象予報士・正木明氏(58)が3日、奈良・生駒山で練習登山を行った。番組スタッフ7人は23日に日本を発ち、キリマンジャロ登頂を目指す。40周年イヤーの番組テーマ「挑戦」にちなむ、アフリカ大陸最高峰への挑戦。六甲山や金剛山、大和葛城山、ポンポン山、信貴山で練習を重ね、この日が出発前、最後の登山だった。

 標高5895メートルを見据え、642メートルの生駒山登頂に成功後、岩本アナは「今はひたすら不安です」と告白した。

 「決まったときは楽しみばかりで練習登山が始まってもウキウキ。でも8月に入ったら不安の虫がムクムク起き上がってきた」。キリマンジャロの登頂率50%と聞けばなおさらで「素人に産毛はえたくらいの2人が5割の確率に挑戦する。7人全員が登頂できたらまさに奇跡」と表情を引き締めた。

 番組だけでなく、正木氏にとっても今年はお天気キャスター30年の節目。「正直、おは朝のスペシャルなことって参加できてなかった」と起用に感謝し、「天気予報が仕事なので、5000メートルの天気を天気図上でしか見たことがない。高層の気圧配置の現場に行けるのが楽しみ」と積年の夢がかなう興奮を物語った。
 山頂へは、ツイッターで募った視聴者それぞれの挑戦を書き込んだ旗を持参する。岩本アナ、正木氏だけでなく視聴者の夢も背負った挑戦だけに責任重大。現在3万人余りだが40周年にちなんで40万人を目指している。

 そこで番組側から2人で登頂できなかった場合の罰ゲームが明かされ、「ボディービル大会入賞」が岩本アナに課せられた。名門京大アメリカンフットボール部出身で趣味は筋トレ。「なめたらダメよ。人生かけてやってる」。岩本アナはトレーニング先で出会うボディービルダーの鍛錬と節制を知るだけに「(自身は)体質的に大きくならなくて、あの苦労をもう1回やるの? 我々だけの挑戦ではなくなった」と増量に苦しんだ当時を回想し、交換条件として、登頂成功のご褒美に「北海道、いや台湾で足つぼマッサージロケ。温泉もある」と要求。正木氏は「他のコーナーに出演する機会を増やして」と訴えた。番組では9月9日から4日連続で挑戦の模様を放送する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月3日のニュース