品川祐 “少年院出身”アイドルの告白に「われわれ吉本は、一緒に出ていいんですか?」

[ 2019年8月3日 12:36 ]

「品川庄司」の品川祐
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(47)が3日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。少年院出身のアイドルとの共演となったこの日、吉本興業のお家騒動と絡めたコメントで笑いを誘う場面があった。

 この日は、アイドルの戦慄かなの(20)が番組初出演。自身の経歴ついて、16歳から2年間、少年院に入っていたと告白。さらに、本来なら10か月で出られるプログラムだったというが「素行が悪くて。先生にコップを投げたり、監視カメラに唾を吐いたりしていたので」と退所が延びたと説明した。

 送致された理由は「JKビジネスの元締めをやった」からとも。「ブルマを100均で大量に買って女子高生に履かせて、出会い系でおじさんと女子高生を会わせていた。(もうけは)最高で300万円」と語った。

 この赤裸々告白に品川が反応した。所属する吉本興業では、反社会的勢力への闇営業に端を発する一連の騒動で揺れている真っ最中だけに「この子と、われわれ吉本は、一緒に出ていていいんですか?」とジョーク交じりに一言。それでも戦慄が入所中に多くの資格を取り、更生して4年制大学にも進学したことから、MCの今田耕司(53)は「人間失敗してももう一回やり直すことできる、これで終わりじゃないというか。過去は過去として償えばいいんじゃないかと思いますし…」と意味深長な思いを語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月3日のニュース