雨上がり・蛍原 宮迫契約解消直後に「向上委員会」収録 胸中語る?さんまとの楽屋密談は「厳戒態勢」

[ 2019年8月3日 15:00 ]

相方・宮迫博之の契約解消直後に収録が行われた「さんまのお笑い向上委員会」に出演、胸中を語る?雨上がり決死隊の蛍原徹(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の蛍原徹(51)が3日放送のフジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」(土曜後11・10)に出演する。収録は、相方・宮迫博之(49)が“闇営業問題”で吉本興業からマネジメント契約を解消された7月19日の夜に行われた。蛍原は何を語るのか?

 収録前、MCの明石家さんま(64)と蛍原が楽屋で2人きりで話し合っていたことが判明。ネプチューンの堀内健(49)が2人のトークは「厳戒態勢だった」と明かすと、他の芸人たちも興味津々。さんまは蛍原に何と声を掛けたのか?内容を聞き出そうと、中川家・礼二(47)らがあの手この手を使う。

 収録前、堀内は「どんな顔して(蛍原に)顔を合わせたらいいのか」、陣内智則(45)は「今日の収録はないのかなとも思った。さんまさんはどうくるかな?」と落ち着かない雰囲気だったという。収録がスタートし、さんまは満面の笑みを浮かべ、登場。堀内がネタを披露したが、蛍原は「すみません、全然面白くないです」とポツリ。他の芸人たちは「今のは全員が面白くないから」とツッコミを入れるが、その後も堀内はめげずに“ホリケン節”を炸裂。巻き込まれる蛍原はどうなる!?

 また、収録前のスタジオの控室、土田晃之(46)ら芸人たちが「(蛍原に)何て声を掛けたらいいのか」迷っていると、蛍原が“ある相談”を持ちかけてきたという。芸人たちも予想しなかった蛍原の悩みとは!?

 インターネット番組表(EPG)は「相方の契約解除報道直後の収録。蛍ちゃんの胸中とは…」「契約解除報道直後の収録…向上長の第一声とは?収録前の蛍ちゃん秘話に土田、陣内、ケンコバ爆笑!入室禁止さんま&蛍ちゃん楽屋密談に迫る!鬼越砲ホリケン炸裂」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月3日のニュース