「宇宙Six」原嘉孝 初の単独主演舞台もイジられっぱなし「ゴリラじゃねーわ!」

[ 2019年8月3日 05:30 ]

笑顔を見せる(左から)小林顕作氏、元木聖也、原嘉孝、桜井玲香、田中要次(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ジャニーズJr.「宇宙Six」の原嘉孝(23)の単独初主演舞台「THE BANK ROBBERY! ~ダイヤモンド強奪大作戦~」が2日、東京・新国立劇場で初日を迎え、開演前に公開稽古を行った。

 英ロンドンで大ヒット中の舞台の日本版で、ダイヤモンドを巡ってスリや詐欺師が互いをだまし合うサスペンスコメディー。原は公式プロフィルで将来の夢に「ミュージカルで主演を務める!」と書いており「将来、ミュージカルで大きな舞台に立ちたい。その第一歩になったかな」と胸を張った。

 共演者やスタッフからは「顔がゴリラに似ている」とイジられており、乃木坂46の桜井玲香(25)については「シリアスなシーンでも、僕の顔を見ると笑う」と苦笑い。会見中も演出の小林顕作氏から時折「ゴリラ」と呼ばれ「ゴリラJr.じゃねーわ」「母に謝れ」などとツッコみ、現場の仲の良さをうかがわせた。

 座長ながらイジられ続ける原は「この現場は僕がジャニーズということを忘れがち」と嘆いた。小林氏は「こんなに自分のことを“ジャニーズだから”って言うジャニーズは初めて。高いところに登るシーンでも“ジャニーズなんで大丈夫です”と言ってやっていた」と明かした。

 桜井は9月1日に乃木坂を卒業するため、グループのメンバーとしては最後の舞台。「卒業後につなげるためにも、アイドルが出ている舞台ではなく、コメディエンヌとして見られるように演じきりたい」と語った。12日まで同所で。

 ▽「THE BANK ROBBERY! ~ダイヤモンド強奪大作戦~」 原題は「Comedy About A Bank Robbery」。2016年から英ロンドンで上演され、デーリー・テレグラフ紙が「ロンドンで面白い作品No.1」と報じるなど、地元メディアで次々に取り上げられた。アメリカを舞台にスリの主人公、結婚詐欺師のヒロイン、脱獄囚らが、銀行に保管されたダイヤモンドを巡ってだまし合いを繰り広げる。

 ◆原 嘉孝(はら・よしたか)1995年(平7)9月25日生まれ、神奈川県出身の23歳。16年11月から5人組ユニット「宇宙Six」のメンバーとして活動。今年6月に舞台「桃山ビート・トライブ ~再び、傾かん~」に出演。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月3日のニュース