さんま 宮迫受け入れ準備も「何も決まっていない。それどころじゃない」

[ 2019年8月3日 23:30 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 タレントの明石家さんま(64)が3日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(関西ローカル)で、闇営業問題で吉本興業から処分を下された宮迫博之(49)が自身の個人事務所に所属すると言われていることについて「受け入れる準備はできている」と語った。ただし「何も決まっていない。宮迫はそれどころじゃない。家も出にくい」と現状を説明した。

 また、吉本興業の上層部について「げっそりやせてる。吉本でダイエットの本とか出すんちゃうか。あいつら何でも商売にしてまうし」とネタにする場面も。5時間超会見で炎上した岡本社長について「あいつもネットの恐怖を十二分に味わったやろ」と話す場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月3日のニュース