ジャニー喜多川さん死去 ジャニーズファンはネット上で「たくさんの夢をありがとうございました」

[ 2019年7月10日 00:34 ]

ギネスブック2012年版に掲載されたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の写真。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのNo.1シングルをプロデュースした人物」の2部門で認定された
Photo By 提供写真

 「たのきんトリオ」「少年隊」「SMAP」「嵐」などを発掘、育成し、男性アイドルブームをリードしたジャニーズ事務所社長の喜多川擴(きたがわ・ひろむ、本名ジョン・ヒロム・キタガワ)さんが9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため東京都内の病院で死去した。87歳。

 訃報が報じられてから5分後の23時35分には、ツイッターの日本トレンド1位に「ジャニーさん」が浮上。「ジャニーさん」と合わせて、「タッキー」や「#ジャニーさんありがとう」などもホットワードとして登場した。

 ネット上では「ジャニーさんにはありがとうしかない」、「ジャニーさん、永遠だと思ってたよ…長い間夢と輝きをありがとうございました」、「ジャニーさん。素敵なアイドルたちを私たちに見せてくださり、ありがとうございました。安らかにお眠りください」、「ジャニーさんたくさんの王子様たちを育ててくれてありがとう」、「ジャニーさん、たくさんの夢をありがとうございました」など、ジャニーズファンからその死を惜しむ声とともにジャニーさんへの感謝の言葉が数多く見られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年7月9日のニュース