千秋、元夫・ココリコ遠藤が“有言実行”できず「もう離婚します」

[ 2019年7月9日 10:01 ]

千秋
Photo By スポニチ

 タレントの千秋(47)が6日、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。元夫で、お笑いコンビ「ココリコ」の遠藤章造(47)と離婚を決意した瞬間を語った。

 この日は「FUJIWARA」藤本敏史(48)が、妻でタレントの木下優樹菜(31)に5回も離婚届を突きつけたエピソードを明かした。これに続き、千秋は「遠藤君は1回も離婚届を持ってこなかったですよ」と告白。喧嘩についても「あんまりしない」と振り返った。

 それでも過去には大喧嘩をしたことも。「同じ阪神ファンとして結婚したんですけど、あっち(遠藤)に野球の仕事が増えて、他球団の選手とも仲良くしちゃって。ある日は『巨人の選手とご飯食べた』って遅く帰ってきた」。ライバル球団の選手との交流に「それは違うんじゃない?」と憤慨した千秋は「ふざけんな!離婚だ!」と宣言したことを打ち明けた。

 結局、その後も小さな喧嘩が積み重なり、「もう離婚しますって」。その年の12月に千秋から話を持ちかけたといい「年末に(離婚)するから、逆算して2、3週間前には、すぐ会社に言って」とお互いの仕事の都合も考え、遠藤に忠告した。話を切り出された時の遠藤の反応については「言ってもしょうがないって思ったみたいで『分かった』って」と抵抗することもなく、承諾したという。

 離婚の原因については「有言実行を1個もできないこと」。遠藤は、プロポーズの時には「100パーセント幸せにする」と宣言。さらに「たばこもやめる」と誓っていた。それにも関わらずやめなかったことから「ツイッターとかで懸賞金もかけた。(タバコを吸っている姿を)写真とか動画に撮ったら10万円あげますって」。しかし、その後も千秋の陰では「こっそり吸っていた」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年7月9日のニュース