菫の父信也九段、白星に「ヒヤヒヤでした」家族で安ど

[ 2019年7月9日 05:30 ]

菫プロ 最年少1勝

公式戦初勝利を挙げた囲碁のプロ最年少・仲邑菫初段の父・仲邑信也九段
Photo By スポニチ

 仲邑初段の師匠であり父である仲邑信也九段(46)は「自分の勝ちよりも一番うれしい」とホッとした顔を見せた。この日は大阪市内の自宅で囲碁チャンネルでの放送を観戦していたが、勝利が決まって対局のあった日本棋院関西総本部へ駆けつけた。

 対局については「難しい碁だった。ヒヤヒヤでした」と苦笑い。元囲碁インストラクターの母・美幸さん(39)は「今年、1勝もできないかと思ってました。良かった」。対局後は家族で祝勝会に向かった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年7月9日のニュース