ノンスタ 東西別れて“闇営業”言及 井上「一刻も早く先輩方の口から」石田はヒアリング状況明かす

[ 2019年7月9日 13:26 ]

「NON STYLE」の石田明(左)と井上裕介
Photo By スポニチ

 吉本興業のお笑いタレントらが事務所を通さずに仕事をする“闇営業”を反社会勢力との間で行い、謹慎している問題を受け、同事務所に所属する「NON STYLE」の石田明(39)と井上裕介(39)が9日、東京、大阪で開催されたイベントにそれぞれ出席し、同問題について見解を示した。

 石田は、東京・新宿のルミネtheよしもとで開かれた夏休みキャンペーンの記者会見に臨み、事務所が所属芸人2000人に対してヒアリングを行ったことついて言及。「直の営業に行ってる子たちは吉本もある程度把握している。そういうものなんで。『そこやったらもう行っていいよ』『それだけしか入らんのやったら外でやっといて』みたいな。暗黙の了解で進むことが多いみたいなので、そこらへんの話が入っているところはヒアリングを受けているはず」と説明した。

 事務所の今回の動きについては「本当にちゃんと向き合っている証拠」と好意的に捉えてるとした石田。自身はヒアリングを受けていないが・相方の井上については「どうか知りません」と答え、笑いを誘った。

 一方、その井上はこの日、大阪市内で行われた「美笑女グランプリ」の開催発表会見に登場。同問題に触れ「まずはしっかり反省して頂いて、一刻も早く先輩方の口から伝えてもらうのがみんなが納得できるんじゃないかな、と思う」と、当該タレントが改めて会見するように呼びかけた。

 井上自身も16年12月、車の接触事故を起こし約3カ月半、謹慎。その後に会見した経緯がある。自分の経験を踏まえ、「自分の時もそうでしたけど。被害に遭われた方々もいますし。今、謹慎している方々の口から早く事実を聞きたい」と話し、さらに「何がホントで何がウソなのかも分からない。(会社に黙って)営業に行ったのも、お金をもらったのも悪いけれど、一番よくなかったのは、ウソをついちゃったのが、皆さん“許せない”という部分があると思う。そこにいたるまでに何でそうなっちゃのか、というのを本人の口からしっかり伝えていただけたら」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年7月9日のニュース