ジャニーさん「最愛の子供たちの愛に包まれながら人生の幕」タレントとの絆の強さ 容体一時回復の“奇跡”

[ 2019年7月9日 23:30 ]

ギネスブック2012年版に掲載されたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の写真。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのNo.1シングルをプロデュースした人物」の2部門で認定された
Photo By 提供写真

 SMAPや嵐など数多くの男性アイドルを生み出した芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」社長のジャニー喜多川さんが9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため東京都内の病院で死去した。87歳。米ロサンゼルス生まれ。6月18日に体調不良を訴え、病院に救急搬送されて入院。連日、タレントが見舞いに駆け付けた。ジャニーズ事務所は報道各社に送付した書面で訃報を報告。ジャニーさんにとって子供のような存在のタレントとの強い絆で、容体が一時的に回復したという“奇跡的な出来事”を繰り返し目の当たりにした最期の日々を明かした。

 ジャニーズ事務所の発表によると、ジャニーさんは救急搬送後、集中治療室で懸命な救命措置が取られたため、一般病院に移った。病院の協力もあり、ジャニーさんは自身にとって子供のような存在である所属タレントと面会を果たした。

 「ジャニーがタレントたちと過ごした病院での日々は、かけがえのない時間となりました。新旧、様々な楽曲の流れる病室におきまして、年長のタレントからJr.までが同じ空間でジャニーとの思い出を語り合う、微笑ましく、和やかな時間が流れていきました。片時もジャニーが寂しい思いをしないよう、仕事の合間を縫ってタレントたちが入れ替わり立ち替わり病室を訪れました。ジャニーの好物を皆で賑やかに食べることが日課となり、その光景とにおいから、まるで稽古場にいるかのような感覚を覚え、皆、懐かしい記憶がよみがえりました」

 時に危険な状態に陥ることもあったが「タレントたちが呼び掛け、体を摩(さす)るたびに危機を脱することができました。タレントたちと過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事を繰り返し目の当たりにし、改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供たちとの絆の強さを感じました。そして、最愛の子供たちの愛に包まれながら、2019年7月9日午後4時47分、ジャニー喜多川は、人生の幕を下ろしました」。“子供”たちと過ごしたジャニーさんの最期の日々が明かされた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年7月9日のニュース