極楽・山本、休養中の岡村隆史から驚きの提案あった…「渾身のボケだったのかもしれない」

[ 2019年7月9日 19:40 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(51)が、ユーチューバー「カジサック」こと梶原雄太(38)のYoutubeチャンネルに出演。お笑いコンビ「ナインティナイン」岡村隆史(49)との知られざるエピソードを語った。

 山本は2006年7月に淫行騒動を起こし、直後に吉本興業から契約を解除。芸能活動から遠ざかっていたが、2015年1月にフリーの立場で活動を再開。翌年11月に吉本興業への復帰を果たしていた。

 山本と岡村は「とぶくすり」や「めちゃ×2イケてるッ!(めちゃイケ)」などで共演。長きに渡り芸能界を共に歩んできた、盟友というべき存在といえた。契約解除後、岡村から山本に連絡があったのは2010年。岡村が5カ月の休養を取っている最中だった。

 「めちゃイケ」では“新メンバー募集”の告知がなされ、山本の周囲にも「山さん、行ったらいいじゃないですか?」とあおる人たちが出てきた。そんなさなか、山本に岡村からショートメールが届いたという。

 「山さん、悔しいよ…。俺、悔しい…」といった文面を見て、山本も「こいつ尋常じゃねぇな」とただならぬ空気を感じたそう。「どうした?」と返信すると「めちゃイケ…新メンバー、どう思う?」との質問が。山本は「それはもう気にすんな。まずはのんびりせぇ。そんな焦る必要もないし、俺なんてもう5、6年休んでるけれど、別に俺、さびたつもりはないし、またいつかどこかで帰れるなぁなんて思っている気持ちはほのかにあるから」と、自らの現状を引き合いに出し、岡村を勇気づけた。

 さらに山本は「岡村ももしそれで周りに何かいろいろ言ったりとか、休まらないようだったら、宮崎来い!宮崎来て一緒にサーフィンしようや!」と気遣いをみせるが、岡村は「ありがとう。そんなんじゃないねん」とつれない言葉。しかし、その後「コンビでも組んで戻ろうや」と驚きの提案をしてきたという。

 山本は「いやいや、まぁ焦るな。今はもうゆっくりしとけ。もうそういうこと考えなくていいから」となだめたそうだが、この事実にカジサックは「えっ!?」と驚きを隠せず。カジサックはその理由を「(岡村さんは)めちゃイケの思いもめちゃくちゃ強いし、何か面白いことを…あの方もお笑い人なんで…」と推測すると、山本も「そう!」と納得の表情。山本は「連絡してくれたことが、たとえどういうことであれね」と前置きしながら「ある意味、岡村にとっては渾身のボケだったのかもしれないね、今思えば」と岡村のアクションについて振り返っていた。

 ただ山本は、岡村に対してかっこよく振舞った中で、新メンバーオーディションを受けていた事実も。「車で行ってさ、スーツ着て、坊主にメガネで、2問目で落とされてんの」と自虐的にコメント。「そのまま車で帰りましたよ、はえーなぁ」と、おちゃらけた顔で笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年7月9日のニュース