中村泰士 80歳バースデーライブで意気軒高「あと5年は歌える」 目指すは令和初の紅白出場

[ 2019年5月21日 22:43 ]

盟友の佐川満男とともに昔のお互いの写真をネタに盛り上がる中村泰士
Photo By スポニチ

 「喝采」「北酒場」などのヒット曲で知られる、作詞作曲家で歌手の中村泰士が80歳を迎えた21日、大阪市内で誕生日記念ディナーショーを開催した。

 「80歳の大台を迎えられました。これもひとえに…自分のお陰です」と冒頭MCから“傘寿ギャグ”をさく裂。「仏壇ルックです」というお気に入りの金ぴか衣装で登場し、まだまだ衰え知らずとばかりに手掛けた曲など14曲を熱唱。盟友の歌手・佐川満男(79)と盛り上げた。

 「愛は傷つきやすく」を提供した「ヒデとロザンナ」のロザンナ(68)がサプライズで登場。「たいちゃん、あと35年くらいやってね」と激励され、「頑張ります」と答えて拍手を浴びた。

 終演後は、1カ月前からこの日に備え、足腰を鍛えるためにトレーニングしてきたことを明かした上で「あと5年は歌える」ときっぱり。昨年、歌手活動の52年ぶり再開を発表した際、掲げた今年末までの全国80回ライブツアーも半分近くまで終えたが、「今も頭の中は音楽のことでいっぱい」と精神的な衰えはまったくなし。

 最近、三重県内ではたった観客8人のステージもあったが、これにも「楽しかった。終わったら一緒に記念写真も撮ったしね」とプラス思考。この日、「新時代」という新曲も披露。昨年掲げた令和初の紅白出場の目標についても「出てやりましょう!」と改めて気勢を上げた。

 ただ、バンド「ブルージーン・バップス」などでともに活動し、3月に亡くなった内田裕也さん(享年79)について触れた時だけは寂しげな表情。佐川とも相談し、この日出演してもらうつもりだっただけに「呼びたかった…」とぽつり。感覚的に今も「内田裕也はまだいる」と思ってしまうことも明かした。

 ショーには「わたしの青い鳥」を手掛けた元歌手の桜田淳子さん(61)、ムード歌謡グループ「純烈」も祝福メッセージを寄せた。全日本吹奏楽コンクール全国大会の常連で、金賞4回受賞の大阪桐蔭高吹奏楽部も駆けつけ、演奏を披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月21日のニュース