12歳女性囲碁プロ 上野梨紗新初段が公式戦デビュー

[ 2019年5月21日 05:30 ]

敗れたものの公式戦デビューを果たした上野梨紗初段(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 囲碁の女性棋士で史上3番目の年少の12歳9カ月でプロ入りした上野梨紗新初段(12)が20日、都内の日本棋院で第29期竜星戦予選Bで泉谷英雄八段(49)に敗れ、公式戦デビューを白星で飾れなかった。「序盤に時間を使いすぎて、勝負どころでうまく対応できなかった」と反省。「どんなに強い相手と対戦しても良い碁が打てるようになりたい」と抱負を語った。

 史上最年少でプロ囲碁棋士となった仲邑菫(すみれ)初段(10)と同期で、上野愛咲美女流棋聖(17)が実姉。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月21日のニュース