松居直美が明かした「はやく起きた朝は…」スタッフとの絆「スタッフの方達も泣いていました」

[ 2019年5月21日 17:00 ]

松居直美
Photo By スポニチ

 タレントの松居直美(51)が21日、自身のブログを更新。1994年スタートの前身番組から続くフジテレビの長寿番組「はやく起きた朝は…」(日曜前6・30)の女性スタッフたちと撮った集合写真を掲載し、番組関係者の「絆」についてつづった。

 「はやく起きた朝は…」は松居と磯野貴理子(55)、森尾由美(52)の仲良しぶりがほっこりさせられる早朝のトーク番組。19日の放送では、磯野が24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことを報告し、涙の止まらない松居と磯野が抱き合うシーンもあった。

 「今年の『はやく起きた朝は・・・』の新年会の時の写真です」と楽しげな顔文字ととも記した松居は、出演者3人にスタッフを加えた女性ばかり11人のにぎやかで楽しそうな写真をアップ。

 「スタッフの女の子は皆、若い子ばかり。そして、とっても若いのに、私たちへの思いやりがとても大きいのです。もちろん男性のスタッフもたくさんいて、番組が始まった時からずっと同じメンバーなのです。なのでこの間は、スタッフの方達も泣いていました。だから、3人の絆ももちろんなのですがスタッフさん達との絆もとても強いです」と長寿番組を支える出演者、スタッフの固い絆についてつづった。

 また、磯野へは「スーパーとか行ける?食べ物とか届けようか?」とメールしたところ「ありがとう。スーパーとか行きまくれるよ」と返信があったそう。「貴理子ちゃんはスーパーに行きまくれる!との事です」とうれしそうな松居だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月21日のニュース