アレサ・フランクリンさん遺書3通発見 死去から9カ月、自宅で

[ 2019年5月21日 12:22 ]

 「ソウルの女王」と呼ばれ、昨年8月に膵臓がんのため76歳で亡くなった米黒人女性歌手アレサ・フランクリンさんの手書きの遺書3通が中西部ミシガン州デトロイトの自宅で今月見つかった。AP通信が20日伝えた。

 3通のうち1通は2014年3月付で、2通は10年のもの。詳しい内容は不明だが、14年の遺書は遺産相続について書かれているもようだ。フランクリンさんの息子4人のうち2人が遺書の内容に異議を唱えているという。

 14年の遺書は部屋のクッションの下にあったノートの中から見つかった。解読が難しい記述や、消されたページもあった。10年の遺書2通は鍵の掛かったキャビネットの中から見つかった。
 弁護士は20日、遺書を裁判所に提出したが、法的に有効な遺書かどうか定かでないと話した。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月21日のニュース