「セブンルール」放送100回 吉本新喜劇歴代最年少座長の酒井藍にスポット

[ 2019年5月21日 16:00 ]

関西テレビ「セブンルール」100回目の主人公は吉本新喜劇座長の酒井藍(右)。すっちー(左)とイベントで爆笑トーク
Photo By 提供写真

 関西テレビ「セブンルール」(火曜後11・00)は21日放送で100回目を迎える。記念回の主人公は吉本新喜劇座長の酒井藍。開場から60年を迎えた吉本新喜劇の歴代最年少で、初の女性座長にスポットを当てる。

 就任2年目、老若男女から「藍ちゃん」と呼ばれ、愛される若き女性座長・奈良県出身で子供の頃から吉本新喜劇が放送される日はテレビの前に釘付けだったそうだ。高校卒業時「芸人になりたい」と思っていたが、両親の反対を受け、一度は奈良県警へ就職。交通課で働いていたが、夢を諦めきれずに1年半で退職し、吉本新喜劇に入団した。

 新喜劇の座長は、舞台の主役を務める一方で、台本作り、キャスティング、演出に至る全てを担う。今回も、2週間後に控えた新作の準備から当日までの様子を取材。毎回新作を上演。複数の台本を同時進行で進めながら、打ち合わせを重ねていく。本番稽古は前日夜に行われるたった一度きり。これまで1000回近くの公演をこなしてきたが、舞台裏では思わぬトラブルが発生。酒井の顔から笑みが消えた。

 新喜劇だけでなく、テレビやイベントもこなす忙しさ。そんな中、ファンに会う度に常に笑顔を絶やさない姿が印象的。「夢を壊したくない」と心掛ける酒井の周囲は、いつも楽しい空気に包まれている。一度は諦めた夢の舞台で座長として奮闘し続ける彼女のセブンルールに密着する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月21日のニュース