オカダ・カズチカと三森すずこが結婚「“幸せの雨”を家庭に」

[ 2019年4月12日 12:04 ]

オカダ・カズチカ(左)と三森すずこ
Photo By スポニチ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(31)と人気声優の三森すずこ(32)が結婚したことを12日に発表した。オカダは自身のツイッター、三森はブログで報告した。

 オカダは自身のツイッターで「私事ですが以前よりお付き合いさせて頂いていた三森すずこさんと入籍したことをご報告させて頂きます」と報告。「レインメーカーとして“幸せの雨”を家庭に降らせることができるようお互いに協力し合いながら、プロレス界にも変わらずに”カネの雨”を降らせ続けていきます」と伴侶を得た喜びをつづった。

 一方、三森もブログで「この度、新日本プロレスのオカダ・カズチカさんと入籍いたしましたことをご報告させていただきます」と発表。「人としてまだまだ未熟な私ですが、私の母のように、明るく楽しく温かく家族を支える女性になれるよう努めていきたいと思います」と新婚生活への意欲を語り「表現者・三森すずことしては、これからも変わらず精進し続け、さらなる高みを目指していきたいと思います」とつづった。

 三森は新日本プロレスの親会社「ブシロード」が運営する声優事務所に所属し、オカダとはイベントなどで交流、交際は17年8月ごろから始まった。18年1月の交際発覚時には、三森の所属事務所が「真剣にお付き合いしています」とコメントしていた。

 ◇オカダ・カズチカ 1987年11月8日、愛知県生まれ。2004年8月29日デビュー。12年2月に史上2番目の若さ(24歳)でIWGPヘビー級王座を戴冠した。身長1メートル91、体重107キロの恵まれた体型と50メートル走「5秒94」という驚異的な身体能力が魅力で、打点の高いドロップキックは「芸術の域に達している」と海外でも評判。試合に多くの観客を集めることから「レインメーカー(カネの雨を降らせる男)」と呼ばれる。得意技はツームストンパイルドライバー、レインメーカーなど。

 ◇三森すずこ(みもり・すずこ)6月28日、東京都生まれ。2010年に声優デビュー。同年から放送の「探偵オペラ ミルキィホームズ」シリーズ、12年からの「てーきゅう」シリーズ、13年からの「ラブライブ!」シリーズなどに出演。「ラブライブ!」の出演声優で結成したユニット「μ’s(ミューズ)」で2015年のNHK紅白歌合戦に出場するなど、歌手としても活躍。ユニット「ミルキィホームズ」やソロ歌手としても活動。趣味は料理、観劇、プロレス観戦。特技はダンス。血液型AB。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月12日のニュース