米津玄師 トリプルミリオン!「Lemon」CD+配信で平成締めくくる大偉業

[ 2019年4月12日 06:10 ]

「Lemon」が300万セールスを記録した米津玄師
Photo By 提供写真

 シンガー・ソングライター米津玄師(28)のヒット曲「Lemon」が、CDとデジタル配信を合わせて300万セールスを突破したと、ビルボードジャパンが11日、発表した。

 シングルCDが53万枚、配信は249万ダウンロードで計302万セールス。ビルボードジャパンが08年に総合チャート「JAPAN HOT 100」を始めて以来、サザンオールスターズ「TSUNAMI」の303万、SMAPの「世界に一つだけの花」の360万に次ぐ3曲目。国民的名曲と言える2曲と並び、平成を締めくくる大偉業を達成した。

 平成生まれのアーティストとしては“トリプルミリオンセールス”は史上初。最近の音楽販売は、定額で聴き放題の配信サービス「ストリーミング」が主流になり始めていることから、音楽関係者は「この時流で300万は凄い結果。今後はもうトリプルミリオンに達する作品は出てこないと思う」と指摘した。

 「Lemon」は昨年1~3月放送のTBSドラマ「アンナチュラル」の主題歌。昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で米津が初めてテレビで歌唱して注目を集め、年明けも売り上げを伸ばしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月12日のニュース