「IZ*ONE」ら輩出 韓国オーディション番組日本上陸、令和のASAYANだ

[ 2019年4月12日 05:30 ]

映像でメッセージを送る、宮脇咲良(前列左から4人目)が所属する日韓混成ユニット「IZ*ONE」(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 HKT48の宮脇咲良(21)らが所属する日韓混成ユニット「IZ*ONE(アイズワン)」らを輩出した韓国発の大ヒットオーディション番組「PRODUCE 101」が日本に上陸することが決まり11日、MCを務めるお笑いコンビのナインティナインが都内で会見した。

 ナイナイは「モーニング娘。」らを生んだテレビ東京「ASAYAN」で2002年まで司会を務め、17年ぶりのオーディション番組。岡村隆史(48)は「今度は世界でスターになる方を間近で見られるとワクワク」と“平成のASAYAN、令和の101”と再びの伝説誕生に期待を寄せた。

 吉本興業が同番組を制作する韓国企業とタッグを組み、現地で社会現象を起こしたフォーマットを軸に、最大規模となる数十億円の予算を投じて日本版をプロデュース。最初の選考を通過した101人が“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者の投票結果で勝ち残っていき、最終的に11人組のグローバルなボーイズグループを結成するまでに密着する。

 過去、韓国では3シリーズが放送された。関係者によると、シーズン2で誕生したボーイズグループ「Wanna One」は10カ国13都市のツアーを実施するなど100億円を売り上げ、アイズワンは配信大手iTunesの、10カ国のK―POPチャートで1位を記録するなど、世界的人気を得ている。

 日本版で最終的に選ばれた11人は来年デビューの運びで、番組は世界進出をサポートしていく。矢部浩之(47)は「これまで(ASAYAN)にない規模。全容が見えない分楽しみ」。岡村は「11人はアジアとかにも行ってしまうということですよね?世界に出られるんなら我々も引っ張ってほしい」とジョークを交えつつ「今回は世界規模。全力で盛り上げていきたい」と力を込めた。

 ≪モー娘、ケミストリー発掘≫「ASAYAN」はつんく♂(50)プロデュースで国民的グループとなったモーニング娘。のほか、川畑要(40)と堂珍嘉邦(40)の男性デュオ「CHEMISTRY」や鈴木あみ(現鈴木亜美、37)などを発掘した。ほか「EXILE」ATSUSHI(38)ら番組オーディションでは落選するも、その後に才能を見いだされてデビューした人材も多い。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月12日のニュース