“よしお兄さん”&“だいすけお兄さん”が卒業後初共演! Eテレ「すイエんサー」で

[ 2019年4月12日 15:10 ]

(左から)“だいすけお兄さん”横山だいすけ、“よしお兄さん”小林よしひさ、いとうあさこ(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHK「おかあさんといっしょ」(Eテレ毎週月~土前8時)の11代目たいそうのおにいさんを務めた“よしお兄さん”こと小林よしひさ(37)が、30日に放送する同局の教育番組「すイエんサー」(火曜後7・25)にゲスト出演することが12日、分かった。番組MCを務める11代目うたのお兄さん・横山だいすけ(35)と「おかあさんといっしょ」卒業後、初共演となる。

 「すイエんサー」は子供から大人まで楽しめる科学エンターテインメント番組。横山とお笑いタレント・いとうあさこ(48)がダブルMCを務めている。

 小林は2005年4月に「おかあさんといっしょ」の11代目たいそうのお兄さんに就任。今年3月30日の放送をもって番組を卒業した。在任期間14年は歴代最長となっている。横山は08年3月から17年4月までうたのお兄さんを担当。9年間にわたって小林と共演した。

 <小林よしひさコメント> 卒業後、だいすけさんと共演する初仕事でしたが、久々という感じはなくて、さすが9年間ともに過ごした仲間だと感じました。「すイエんサー」は自分で考えていく番組なので、こんなに自由なのは初めてでとても新鮮でした。2人の中に入れてもらって、一緒に遊ばせてもらったという感じです。とある必勝法がわかりますので、ぜひご覧の方も一緒に考えて楽しんでほしいと思います。

 <横山だいすけコメント> 久しぶりに同じ画面にいるというのがうれしくて、テンションが上がってしまいました!「おかあさんといっしょ」時代の“お兄さん”としての2人ではなく、僕たちがふだん接しているそのままの雰囲気が出ていたと思います。僕とあさこさんの空気感によしお兄さんが加わって、いつもと違う発想も生まれて楽しかったです。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年4月12日のニュース