鈴木亮平「夢を支える人に」、三菱電機新CM 12日から全国放送

[ 2019年4月12日 05:00 ]

三菱電機の新CMに出演する鈴木亮平
Photo By 提供写真

 俳優の鈴木亮平(36)が、12日から全国放送される三菱電機の新CMに出演する。「三菱電機東京2020オリンピック・パラリンピック イメージキャラクター」を務めており、シリーズ第5弾。東京2020大会オフィシャルパートナーの同社に所属し、本大会でのメダル獲得が期待されるパラアーチェリー・上山友裕(31)と共演する。

 黒く広々とした空間の中央にぼんやりと浮かぶ人影。「リオの雪辱」というナレーションに続いて、鈴木が上山に歩み寄る。

 「上山友裕はさらなる高みを目指してきた」「1日1日、1本1本、丁寧に、真剣に」というナレーションをバックに集中力を高め、視線の先にある目標をしっかり見据える上山。弓を構えると、過去から現在までの写真が映し出される。

 エレベーターのように上昇している空間の中で鈴木は上山の背負っているものの重みを感じ、感慨深く見つめる。その背景が現在の上山の写真に切り替わると、背景が暗転し勢いよく矢が放たれる。

 「夢を追う人がいる。夢を支える人に僕はなりたい」というナレーションとともに、扉から漏れてくる光を浴びながら2人はアイコンタクトを交わす。

 鈴木は撮影を振り返り「自分もパラリンピックに出場しているような気分だった。とてもかっこいいCMが完成した」を満足げな表情を浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月12日のニュース