ゴールデンボンバー“新元号最速曲”「令和」テレビ初歌唱 客席には人文字が!

[ 2019年4月2日 20:38 ]

男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」
Photo By スポニチ

 4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」が2日、NHK「うたコン」(火曜後7・57)に生出演。1日の新元号発表に合わせて配信販売を開始した新曲「令和」をテレビで初披露した。

 新曲「令和」は楽曲をある程度完成させた状態で、1日の午前11時からSNSで生配信を開始。新元号の発表を受け、未完成部分をレコーディングした。急ピッチで仕上げて同日、配信販売を開始した。CDは10日に発売する。

 MCの谷原章介(46)が「発表されたばかりの新元号を使った歌はどのようなステージになるのでしょうか?」と質問。鬼龍院翔(34)が「新しい元号を迎えるにあたって、おめでたい賑やかなステージを用意しております」と答えた。

 サビの振り付けがダンスグループ「DA PUMP」のヒット曲「U.S.A.」の“いいねダンス”に似ているのではと突っ込まれる場面も。メンバーは「すいません。乗っかっちゃいました」とタジタジだったが、共演した「DA PUMP」のISSA(40)が「こらぁ~」と反応して「これはみんなのものですから」と笑顔で応じて“不問”となった。

 テレビで初歌唱し、曲のラストは観客席にパネルの人文字「令和」が浮かび上がる華やかな演出となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月2日のニュース