豊島2冠、初の最優秀棋士賞 将棋大賞選考会

[ 2019年4月2日 05:30 ]

最優秀棋士賞に初選出された豊島将之2冠
Photo By 共同

 18年度に活躍した棋士・女流棋士を表彰する将棋大賞選考会が1日開かれ、最優秀棋士賞に豊島将之2冠(28)が初選出された。

 優秀棋士賞は王将、棋王の渡辺明2冠(34)が6度目の獲得。昨年7部門で表彰された藤井聡太七段(16)は記録部門の勝率1位賞と、新戦法や新手、妙手を評価する升田幸三賞の初受賞が決まった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月2日のニュース