藤井七段 行方八段を下し2年連続の決勝進出 朝日杯将棋オープン戦

[ 2019年2月16日 13:15 ]

<将棋オープン戦>準決勝で行方八段と対局する藤井七段(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 第12回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント準決勝が16日、東京都内で始まり、前回優勝の藤井聡太七段(16)が第1回優勝者の行方尚史八段(45)に後手番で120手までで勝ち、午後の決勝に2年連続で進出に駒を進めた。

 準決勝と決勝はファンが見守るステージ上での公開対局。準決勝は午前10時30分に2局同時に始まった。もう一方の対局は先に決着し、先手の渡辺明棋王(34)が千田翔太六段(24)に105手で勝利。4年ぶりの決勝進出を決めた。

 決勝で戦う藤井と渡辺は公式戦、非公式戦を通じて初対局となる。渡辺は今年度34勝8敗、勝率3位の0・810と絶好調をキープ。現在挑戦中の王将戦7番勝負で3勝0敗、7連覇がかかる棋王戦5番勝負でも2勝0敗と、ともに王手を掛けている。勝率0・848でトップを走る藤井との注目の1局となる。

 朝日杯将棋オープン戦は全棋士参加の一般棋戦で、持ち時間は各40分。昨年が初出場だった藤井は1次予選から勝ち上がり、史上最年少の15歳6カ月で棋戦優勝を達成。同時に史上最年少で六段へ昇段した。今期は本戦の1回戦から登場。稲葉陽八段(30)、準々決勝では糸谷哲郎八段(30)とトップ棋士を連破してベスト4に進んだ。

 藤井は14年から3連覇した羽生善治九段(48)以来2人目の連覇、13年に優勝した渡辺は6年ぶり2度目の優勝を目指す。決勝は午後2時30分に対局開始。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月16日のニュース